音声認識でツイッター 専用アプリ SOICHA その①

先日、音声認識メールでのTwitter投稿についてお話ししました。

音声認識メールは、Twitter専用のアプリではないので

通常投稿には良いですが、返信やリツイートなどはできません。

(やろうと思えばできるでしょうが・・・)

なので、Twitter専用のアプリを探してみました。

「SOICHA/j」

この名前でアプリを検索すると出てきます。

同じ会社でもう一つ、東日本大震災専用のアプリも出ているようです。

必要な方は、こちらのほうが便利かもしれません。

いつも通り、ダウンロードが終わったら、アプリを起動します。

起動すると、下の画面になります。

SOICHAサービスは便利ですが、今回はとりあえず

「SOICHA IDを取得せず利用」で気軽に始めてみます。

自分のTwitterにログインします。

「新しいアカウントでログイン」をタップします。

TwitterのIDとパスワードを入力し、

「連携アプリを認証」をタップします。
すると、自動的に処理してくれるのでしばらく待ちます。

自動的に画面が進み、下の画面になったら

「完了」をタップします。

「Twitter」の部分に自分のツイッター名が出ているので

そこをタップします。

下のように、ツイッターのタイムラインが表示されます。

ここで、右上のマークをタップして自分のつぶやきを入れます。

画面が切り替わるので、
真ん中のマークをタップします。

画面の下のほうにあるボタンを押しながら話すと

音声を認識してくれます。

今回は

「音声認識でTwitter」とつぶやいてみました。

しっかり認識されています。

もし、変換がおかしかった場合は、直したいところをタップします。

下の図では、「Twitter」の部分をタップしています。

すると、他の変換候補が下に表示されますので、

正しいものをタップします。

最後に、「全確定」をタップすると決定です。

左上に、入力した文字が表示されています。
このまま投稿するときは右上のマークをタップします。

確認メッセージが出るので、

「投稿」をタップすれば完了です。

自分のタイムラインにツイートがでます。

今回のアプリ、「SOICHA」も認識率はかなり良いです。

返信やリツイートについても、続けて書きたいと思います。

今回は、ここまで。('-^*)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA