iPhone画像アプリ PS Express① トリミング

ブログを書き始めて何回かは、iPhoneで撮った写真や画面コピーをそのまま使っていました。

ですが、無駄な部分もあるし、明るさもイマイチだったりするのでiPhone用のアプリを使うようになりました。

今回は、PS Express (PhotoShop Express)を紹介します。

これは、有名なAdobe社の写真加工用ソフトです。

機能を絞ってパソコン用、iPhone用、iPad用、Android用などに無料で配布しています。

アプリの入手はApp Storeで「adobe photoshop express」と検索すれば出てきます。

入手したら、画面上の「PS Express」をタップして起動します。

起動したら、写真を撮って使うか今ある写真を使うか聞いてきます。

今回は今ある写真を使うので「Select Photo」をタップします。

写真を選び終わると、画面の上下にメニューが出てきます。

上の「Photo Albums」は写真を変更するときにタップします。

「Home」は先ほどの、写真を撮るか今ある写真を使うか、の画面に戻ります。

下の左側にある矢印は、写真をTwitter(TwitPic)やFacebookで公開するときにタップします。

右側の鉛筆マークをタップすると写真の加工ができます。

加工の画面に行くと、また上下にメニューが出てきます。

上のメニューはそれぞれできることが異なります。

今回は一番左側のメニューをタップします。

すると、4つのサブメニューが出てきます。

「Crop」 → トリミング

「Straighten」 → 傾き修正

「Rotate」  → 回転

「Flip」  → 反転

となってます。

今回は一番上の「Crop」をタップします。

すると、枠が出てきます。

角の4箇所をドラッグすれば、トリミングしたい形を変更できます。

四角の中(青い部分)でドラッグすれば場所を移動することもできます。

画面下のカギマーク(黄色い部分)をタップすれば、縦横比の固定もできます。

納得のいく仕上がりとなったら、「OK」をタップします。

写真の一部分が切り取られました。

これを、写真として保存するには右下のところをタップします。

ちなみに、
左下の「×」は編集モードから抜け出します。

左から2番目の矢印は今行った操作を元に戻します。

左から3番目の矢印は、元に戻したけどやっぱりやりたい場合に使います。

とりあえず、今回はトリミングでした。

その他の機能も、順番に書いていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA