使えなくなったハードディスクを分解してみました。

パソコンのサポートもしているので、

使えなくなったハードディスクの交換もします。

交換後の古いハードディスクはそのままだと

データを復活できたりするので、廃棄するときは

ディスクを壊すことにしています。

今回は、ノートパソコン用の2.5inchです。

 

通常は、カバーを外してディスクを取り出すだけですが、

今回は基盤から外してみます。

基盤につながっているネジをすべて外します。

ネジの場所や基盤の大きさはハードディスクによって違います。

では、反対側のカバーを外します。

ネジをすべて外します。

シールの下などにも隠れているので、

探し出して全て外します。

(今回は真ん中のネジが隠れていました)

 

カバーを外すと中にディスクがあります。

きれいですね。

この時点で、もう元に戻してもディスクは使えないものと思ってください。

空気中の埃はハードディスクには大敵です。

余談ですが、空気中には目に見えない埃がたくさんあります。

目の前に30cmの立方体を作ったら、

その中にハードディスクの嫌うごみが

数百万個浮かんでいると思ってください。

ついでに他のものも外してみました。

 

ディスクは特殊なネジが必要なので今日は外していません。

家に帰って取ってこないと・・・。

 

続きままた後日。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA