MSI CR500の中身を軽く覗いてみた

本日、「パソコンのメモリカードリーダーのフタを反対向きに入れてしまった」と言われました。

教室のパソコンです。MSIのCR500、余分なソフトが無いのでなかなか良い性能(さくさく感)です。

簡単に取れるかと思ったのですが、逆向きに入れたので引っ掛って取れません。

仕方ないので、裏のネジをはずして、隙間を広げて取り出すことにしました。

裏を向けた瞬間に、「そろそろ、シール切って裏蓋開けるかな。保証もないし・・・。」と思ってしまいました。

確かこの機種、改造しやすそうな噂は聞いているんです。でもまだ中身を見たことが無い。

早速、カッターでシールを切って、ネジをはずして開けてみました。

(なぜか、今回バッテリーをはずすのを忘れてました。空けられる方は気をつけて下さい。)

ここにCPU、HD、WiFi、メモリがすべて入っています。

冷却系を外せば、CPU交換簡単そう。

じゃ、ネジ外してみますか。

ありゃ、簡単にCPUにアクセスできます

今、載ってるのは Celeron T3100。

Core2Duo に変更すればさらに快適になるのは間違いなさそう。

ま、今の状態でも十分満足なので、そのうち機会があれば換装したいと思います。

こちらよりも、eMachinesの D525 Celeron 900 の換装をしたい。

ただ、こちらは換装するまでの分解がちょっと手間がかかるようで・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA