Windows7を入れてある古いパソコンのグラフィックカードを変更する

仕事上、古いパソコンから新しいパソコンまで(いや、古いOSから新しいOSと言ったほうがいいかも)、いつも必要になります。

だからと言って、新しいパソコンを次々と買っていたのではもちません

なので、古めのパソコンを使って新しいOSを動かすこともよくあります。

少し前にも、世の中にWindows7が浸透してきたので、手持ちの部品を使いつつ1台パソコンを組み上げました。

Pentium4 2.8GHz

Biostar P4TSV

HYNDAI X93WD+ 19inch 1440x900

後の詳細は、必要に応じて・・・。

この状態で組み上げると、ボード内臓のグラフィックではワイド表示ができません。

しかたないので、普通の17inchをつないで使い始めました。

ところが、少し経ってから問題点が。Windows Live ムービーメーカーが動かない

動作条件をみると、「DirectX 9 以降および Shader Model 2 以降をサポートするビデオ カード」、ここが問題のようです。

ん~、グラフィックカードを増設するか。でもAGPは最近少ないんですよね。

とりあえず、いつも通りヤフオクで探し始めます。メモリ128M以上で、動作しそうなのは少ない・・・。

せっかくなのでワイド画面が使えるものを探すのですが、スペック的に対応しているものはなし。

HISのHD4350やASUSのAH3450あたりを使えばいけるとは思うのですが、値段が・・・。

どうせなら、新品にしましょうか。

いろいろ悩んで、最終的に選んだのは、AOpen Aeolus FX5200

・ワイドできなくてもいい。

・新品がいい。

・128Mのっていればいい。

・AGPで動かすのに無理をしていない方がいい。

(ここが一番重要かも。もともとPCI-E用に設計されたのをAGPで動かしていると不安定なので・・・)

(本当はAh3450かHD4350を試したかったのですが、今回は時間的な関係もありチャレンジはなし。)

難なく取りつけも完了し、(いや本当は難ありました。microATXでロープロなので、内部の干渉が。)無事に動作しました。デジタル出力にもなったので画面がきれいになりました。

せっかくなので、ワイド画面で表示できるか確認です。

おっ!表示できますね。さすがに1440x900はだめでしたが、1280x800ならデジタルでもOK!

ま、これでいきましょう。文字とか大きめの方がみなさん見やすいので。

Windows Live ムービーメーカーも難なく動作しました。あ~良かった

翌日、となりに放置してあるデスクトップを分解してみたら中からFX5200の128Mが・・・。

ま、ロープロは対応していないから・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA