アイロンプリントのプリンタ設定

パソコンを使って楽しめることの1つにアイロンプリントがあります。

自分でデザインした素材を洋服に貼り付けることができ、オリジナルの服などを手軽に作ることができます。

このアイロンプリント、用紙の種類によって普通の向きで良いものと、鏡面で印刷する(表裏を逆にして印刷する)ものの2種類があります。

一般的には普通に印刷すればよいのですが、Tシャツなどに印刷するタイプのものは透明部分があったりして、鏡面印刷になっています。

今、教室で使っている購入したテキストは、鏡面で作って印刷するようになっています。

その通りに皆さん作られます。

実際に印刷することはなかなかないのですが、たまに印刷をされます。

その時に重要になってくるのが、プリンタの設定です。

プリンタによって、自動的に鏡面印刷をするものとしないものがあるのですね。

用紙設定は「アイロンプリント用紙」で良いのですが、この時に自動的に「左右反転」する機種があります。

この設定があるプリンタの場合、最初につくるデータを鏡面にしなくても印刷することができます。

「左右反転」の設定がない場合には、最初につくるデータを鏡面にしておきましょう

鏡面にしたい場合、データはすべて「図とワードアート」のみで作ります。

Office2010の場合にはちょっと特殊になりますが・・・。

データを作成 → 全てをグループ化 → 左右反転

とすれば鏡面データが作成できます。

アイロンプリントするときには、プリンタの設定を確認してから作ることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA