オフィス2010のスクリーンショット機能

本日はワード・エクセル2010で、

あまり使われていないけれど、

使えば便利なスクリーンキャプチャ機能の話です。

 

ワードやエクセルに画面を貼り付けるとき、

オフィス2003までならプリントスクリーン(PRTSC)キー

オフィス2007ならSnipping Toolや上述のプリントスクリーン

を使っていました。

 

ですがオフィス2010では

スクリーンキャプチャという機能があるんです。

 

ワードを起動します。

「挿入」タブの「図」グループのなかに「スクリーンキャプチャ」があります。

 

インターネットの画面を貼り付けたいとき、

インターネットエクスプローラを起動して、欲しい画面を表示してから

ワードでスクリーンキャプチャをクリックします。

すると、

使用できるウィンドウ」と「画面の領域」が表示されます。

使用できるウィンドウで一覧をクリックすると、

開いているウィンドウが貼り付けられます。

以前の操作でいうと、「ALT」+「PRTSC」して貼り付けるのと同じです。

 

画面の領域をクリックすると、Snippinng Toolと同じく、

画面が白くなりその中で自分が欲しい領域をドラッグして選択します。

 

ドラッグが完了すると、ワードに貼り付けられています。

説明がうまくないので解りづらいですが、

一度使ったらわかっていただけると思います。

 

使い方によっては便利なので、

一度お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA