IE9に変えたら、メニュー表示が英語になったときの対処法

「ウィンドウズアップデートをしたら、

インターネットが英語になって、

お気に入りがなくなっちゃった!」

という内容の電話がかかってきました。

Windows7の人は、少し前からインターネットエクスプローラ(IE)がバージョン9に変わるようになりました。

(タイトルのIE9はこれのことです。)

Windows vistaの人もIE9を入れることができます。

Windows XPの方は・・・、残念です。泣いてください。(T_T)

新しくなったので、お気に入りなどの場所が変わっています。

下の図のように、右上にまとめて表示されます。

3つのマークがあります。

左の家のマークは、ホームページへの移動です

真ん中は、お気に入りです

右の歯車のマークは、設定関連です。

ここまでは普通に説明できるのですが、

今回はメニューが全て英語になっているのは電話では説明できません。

教室にパソコンを持ってきてもらいました。

システムの復元なども試しましたが、一番手っ取り早い方法は

「IE9用の言語パック」をインストールすることでした。

今回の場合は、日本語の言語パックですね。

ファイルの場所は、下のURLで行くことができます。

Windows7用の言語パック  ← ここをクリック(Microsoftのサイトです)

・IE9-Windows6.1-LanguagePack-x64-jpn.msu : 64ビット用の言語パック

・IE9-Windows6.1-LanguagePack-x86-jpn.msu : 32ビット用の言語パック

Windows vista用の言語パック  ← ここをクリック(Microsoftのサイトです)

・IE9-Windows6.0-LanguagePack-x64-jpn.msu : 64ビット用の言語パック

・IE9-Windows6.0-LanguagePack-x86-jpn.msu : 32ビット用の言語パック

それぞれ、欲しいファイルの右側にある

ダウンロードマークをクリックし、ファイルを実行すればOKです。

実行後、IE9を再起動すれば元通りになりました。( ̄▽+ ̄*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA