Windows XP SP2での不具合発生

昨日の話の続きで、パソコンセットアップの話です。

難しい話ですみません。(;´▽`A``


以前「Windows7を入れてある古いパソコンのグラフィックカードを変更する
でお話したパソコンです。


教室で使うパソコンに、500GBのハードディスクはもったいないと思ってはいたのですがなかなかデュアルブート環境をつくる気になれませんでした。

(正確に言うと、最初にやってみてうまくいかなかったので Windows 7 だけしか入っていないのですが。)


以前うかくいかなかった理由は、Windows 7のブートローダの関係かと思っていたのです。

ブートローダとは、複数のOS(今回はWindows XP と Windows 7)が入っているときにどちらを起動するか選べる機能です。


今回は、教室のパソコンの台数をまとめて、持込のスペースを確保しようと思いインストールを始めたのです。


手持ちのWindows XP は2つ。

・Professional SP1

・Home SP2

です。

(SPはサービスパックの略で、Windows Updateというパソコンの不具合を治すプログラムをまとめたものと思ってください。SP1よりもSP2のほうが新しいです。XPではSP3まで出ています)

Professional SP1は、インストールが終り SP2 にアップデートすると再起動中に固まります。

(動かなくなるんです)

Home SP2は、インストール中の再起動で固まります。

ハードウェアで外せるものは試してみたのですが、どうやら原因はそれ以外のようです。

とにかく、SP2 を入れるとだめらしいことがわかりました。

Windows 7では動いているので、SP3を最初から入れたら良いのではないかと思い

ついでなので、「SP+」というソフトを使ってSP3適用済みのインストールディスクを作成しました。

これを使ってインストールをしたら、なんの問題もなく動作してくれました。

Windows XP SP2 はハードウェアとの相性が厳しくなっているらしいので、

うまくいかない方は、SP3 を最初から入れると解決できかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA