出版物を作成するときの「トリムマーク」の意味

自分でパソコン教室を始めた時から、広告も自分で作るようにしました。


理由は、「Illustratorを持っていたから」という単純な理由。

(当時はMAC版ですが、今は授業にも使うのでWindows版を使ってます。)


自分で作ったデータを送付すれば、それをもとにチラシなどを作ってくれる会社は多いです。


データを作るときに「トリムマーク」を入れます。

印刷のずれを考慮してデータを作成するためのマークです。

こんなマークです。ダウン


なんとなく必要な理由は分かるのですが、はっきりとはわかっていませんでした。


一般人の常識では、普通、紙に印刷するときは、

A4とかB5とか大きさが決まっている紙に印刷します。

なので、広告の印刷などをする場合もそうだと思っていたのですが・・・。

印刷会社では、大きめの紙に印刷しておいて、外側を裁断するのです。

その時に多少のずれが生じるのでトリムマークで余裕を見込むのです。

「化粧断ち」や「化粧断裁」と呼ばれるようです。

このような処理をするときの基準として「トリムマーク」が重要なんだそうです。

「いや、なるほど」と納得しました。

業界には、業界人にしかわからないことがあるんですね。


それとも、私が知らなすぎるだけ?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA