iPhoneでのFlash再生アプリ Puffin

iPhoneでもiPadでもFlashのページを見たくなることがあります。

例えば、アメーバはアクセス解析やピグ・ライフなど

Flashでやることが多いですね。

でも標準ではiPhoneもiPadも対応していないんですね。

 

そんな時、役に立つアプリがあります。

Puffin、という名前のアプリ。

 

今は、「有料版のPuffin」と

「14日間限定無料版のPuffin free」があるようです。

 

正確に言うと、Flashの再生が14日間限定です。

普通のサイトは制限なしで見ることができます。

 

とりあえず、無料版で試してみて

気に入ったら有料版にすればよろしいかと・・・。

 

 

先に、このアプリの仕組みから。

 

Flashを再生するのはiPhoneやiPad本体ではないです。

Puffinを提供している場所のサーバー(コンピュータ)で

Flashを再生し、その画像を送ってきています。

なので、時間差や音のずれなど生じます。

まったりペースで過ごす人以外、入れないほうが良いです。

 

私も、半年ほど使っていますが、

主な使用は、アメブロのアクセス解析の画面を見るときぐらいです。

それと、どうしてもピグライフで収穫をしたい時。

 

では、実際の画面で見てみます。

とりあえず、いつもどおりアプリを手に入れたら起動します。

起動したら右上をタップして行きたいサイト名を入力します。

(左上をタップして直接アドレスを入れても良いです)

せっかくなので、今回は「アメブロ」と入力。

検索結果一覧が出るので、

Ameba(アメーバ)のところをタップ。

ログイン画面が出てくるので、

ログインすると自分のページになります。

アメーバピグのところが表示されれば、

Flashが表示されていることになります。

(Flashの赤いマークが出てるだけの時でも、

 少し待っていれば画面が表示されます。)

ついでなので、ピグライフにいってみましょう。

iPhoneやiPadを傾ければ、画面の向きも変わります。

画面の拡大・縮小は指2本使っていつもどおりにやってください。


ピグライフではかなり動きが遅いし、カクカクになります。

古いパソコンでやっている感じ。

 

それと、マウスと違いクリックしないで動かすことができないため、

収穫する、植える、水をやるの動作は

「マウスを乗せたときに出てくる表示」なしにやることになります。

収穫できるのか、収穫まであと何時間かはわかりません。

 

でも、収穫できるだけでも便利だったりしますけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA