Windows8にOffice2007をインストールした場合の不具合

htmlファイルの表示が白くなりました!

 

HTMLファイルとは、ホームページ用のファイルのことです。

(かなり大雑把ですが・・・)

 

ダブルクリックしたときの動作は通常通り、

インターネットエクスプローラーが起動します。

ですが、アイコンの表示が白紙なのです。

(普通はインターネットエクスプローラーの画像)

 

この状態だと、

ホームページを直接編集する時にファイル種類が分かりにくく

ちょっと面倒なのです。

 

問題の原因を探すのに時間がかかりましたが、

わかりました。

 

64bit版のWindows8パソコンに

Office2007(32bit)を入れるとなります。

 

今まで、100%の再現率ですので間違いないでしょう。

32bit版のWindows8パソコンに

Office2007を入れたときには問題ありませんでした。

(多分)

この白紙で表示される状態になると、

 

・既定の設定を変えて(メモ帳や他のソフト)戻す

・IconCashe.dbを削除する

・IEのアイコンキャッシュを削除する

・レジストリの内容を書き換える

・FileTypesManなどのアイコン変更用ソフトを使う

 

などを試しても表示を戻すことはできませんでした。

 

かなり困っていたのですが、ふと

Google Chromeが内容をかなり書き換えることを利用

してみようと思い立ちました。

 

実行してみると、成功!です。

 

Google Chromeを入れると、アイコンがChromeの画像に変わります。

既定の設定をインターネットエクスプローラーに変更します。

 

アイコン画像がインターネットエクスプローラーにもどりました。

通常のソフトではだめだったのに、

Google Chromeだけは直るんですね。

(その他のブラウザソフトは未確認)

Windows8で古いソフトを使う場合、多少のリスクはあります。

全く動かなかったり、パソコンの調子が悪くなったり・・・。

 

普通の方はあまり関係ないかもしれませんが、ご参考まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA